任意売却した場合の残債について

アパート経営を失敗し任意売却残債

任意売却の残債の支払いはどのようになっていくのでしょう?

メインイメージ

任意売却した場合の残債について

通常、住宅ローンの支払いができなくなって任意売却を行っても、住宅ローンを完済できたというくらいの売却価格になることはほとんどありません。

やはり中古住宅ですから、住宅ローンが本当に残り少ないという状況であれば、残債がなくなるというケースもありますが、ほとんどが、残債ありで、住宅ローンとして残債を支払っていくということになります。

もちろん、この残債については任意売却を行ったとしても支払い義務がありますから、返済していくことになります。

ただ、この残債に関しては債権者と毎月の支払い可能金額を協議し、無理なく支払っていくということになりますから、任意売却を行う前よりもずっと支払いが楽になります。

住宅ローンの支払いができないから、任意売却をしたということを債権者側も重々承知していますから、無理に一括でよこせ!この金額を毎月支払えということをいってくることはありません。

もし、いってくるとしたらよほどこれまで協議がこじれた場合のみだと思います。

誠意をもって残債分をしっかり払っていくという姿勢を見せれば、債権者側も月々無理ない金額で全部支払ってもらったほうがいいのですから、協議の上、生活しながら支払っていくことができる金額を決定してくれると思います。

越前市 住宅ローン控除

Copyright (C) www.vonderjava.com. All Rights Reserved.

アパート経営を失敗し任意売却残債